東京大学科学史・科学哲学研究室 東京大学科学史・科学哲学研究室
ホーム > 当研究室について:組織・構成

当研究室について

組織・構成

教養学部前期課程においては、科学史・科学哲学研究室の教官は哲学・科学史部会に属しています。

教養学部後期課程においては、科学史・科学哲学研究室の教官は基礎科学科の科学史科学哲学分科に属しています。基礎科学科の分科構成は以下の通りです。



教養学部基礎科学科

  • 数理科学分科
  • 物性科学分科
  • 分子科学分科
  • 生体機能分科
  • 科学史・科学哲学分科


1993年にはじまる大学院重点化のなかで、1995年には総合文化研究科広域科学専攻の相関基礎科学系および広域システム科学系の整備が行われ、科学史・科学哲学研究室は、それまでの理学系研究科科学史・科学基礎論専攻から、広域科学専攻相関基礎科学系内の科学技術基礎論コースへと改組されました。

総合文化研究科広域科学専攻は、相関基礎科学系、広域システム科学系、生命環境科学系の3つの系からなります。相関基礎科学系の構成は以下の通りです。


総合文化研究科広域科学専攻相関基礎科学系

  • 科学技術基礎論大講座
  • 自然構造解析学大講座
  • 複雑系解析学大講座
  • 機能解析学大講座
  • 物質計測学大講座
  • 物質設計学大講座

 


名誉教授

  • 末木 剛博
  • 杖下 隆英
  • 木村 陽二郎
  • 渡辺 正雄
  • 大森 荘蔵
  • 廣松 渉
  • 藤本 隆志
  • 伊東 俊太郎
  • 村上 陽一郎
  • 今井 知正


元教授

  • 玉蟲 文一
  • 佐々木 力
  • 村田 純一
  •  


    富田 美恵子(事務)