東京大学科学史・科学哲学研究室 東京大学科学史・科学哲学研究室
ホーム > 教員紹介 > 教員リスト > 藤川 直也
藤川 直也

藤川 直也 ふじかわ なおや


2019年度担当の講義

1、2年生

初年度ゼミナール、記号論理学I(文科生)

3、4年生

科学哲学演習I、科学技術社会論特論II

大学院生

科学技術基礎論IV、科学哲学IV

著書

『名前に何の意味があるのか--固有名の哲学--』(勁草書房、2014)

主要論文

Fujikawa, N. (2018). `Exploring Routley's Nuclear Meinongianism and Beyond', Australasian Journal of Logic, 15:2, 41-63.

Casati, F. and Fujikawa, N. (2017). `Nothingness, Meinongianism and Inconsistent Mereology', Synthese, online first publication.

Fujikawa, N. (2016). `Coordination and Anaphora in Attitude Contexts', Proceedings of the Thirteenth International Workshop of Logic and Engineering of Natural Language Semantics (LENLS 13), pp. 27-40.

Casati, F. and Fujikawa, N. (2016). `Nonexistent Objects as Truth-Makers: Against Crane's Reductionism', Philosophia, 44: 2, 423-434.

Fujikawa, N. (2016). `Possible and Impossible Objects in Modal Meinongianism', 『人文学報』, No. 512-6, pp. 15-27.

Casati, F. and Fujikawa, N. (2015). `Better than Zilch?', Logic and Logical Philosophy. 24, 255-264.

Casati, F. and Fujikawa, N. (2015). `The Totality and Its Complement' in P. Arazim, M. Dančák (eds). The Logica Yearbook 2014, London: College Publications, pp. 49-60.

Fujikawa, N. (2014). `The Semantics of Intensional Transitive Verbs in Towards Non-Being', Contemporary and Applied Philosophy, 6, 1-15.

藤川直也 (2007).「エヴァンズのパラドクスと思考における固有名のはたらき----固有名の理解に関するエヴァンズ説の批判的検討----, 『科学哲学』, 40-2, 日本科学哲学会編, pp. 57-70.

藤川直也 (2007). 「固有名と記述----ウェットスタインの「解消」に抗して----,『哲学』, 58, 日本哲学会編, pp. 253-268.

翻訳

グレアム・プリースト著、久木田水生・藤川直也訳 (2011). 『存在しないものに向かって----志向性の論理と形而上学』、勁草書房

キム・ステレルニー、ポール・グリフィス著、 太田紘史・大塚淳・田中泉吏・中尾央・西村正秀・藤川直也訳 (2009). 『セックス・アンド・デス----生物学の哲学への招待』、春秋社

その他

納富信留、檜垣立哉、柏端達也(編著)『よくわかる哲学・思想』(ミネルヴァ書房、2019)「初期の分析哲学」、「言語哲学」の項目を担当